買取ランキングでは訪問着、留袖、振袖、小紋、紬、浴衣、喪服、付下げ、色無地など着物の買取について買取業者を比較分析しています。

着物 買取ランキング.jp

買取ランキングTOP | 着物トップ | 高く売れる着物の特徴まとめ【着物ブランド・産地・生地・人気作家など】

高値で売れる着物の特徴をまとめました

着物ブランド・生地・織り・人気作家・仕立て・色 etc 高値で売れる着物の特徴まとめ


着物を買取サービス比較おすすめ総合ランキングも確認してみてください!! 着物買取おすすめランキング

最終更新日: 2018-09-13

高価買取可能な着物を一挙に紹介!!

ここでは、着物買取の中で、高値を期待できる着物の生地やブランド(工芸品)、作家を紹介します。
 
「あ、こんな着物、確か実家にあったなぁ」

 
引っ越しや遺品整理、手狭になった家にある着物を簡単に処分しようとしていませんか?
 
実は相当価値の高い着物かもしれません。
 
当サイトの別ページ「着物を高く売るには?」で今ある着物を高く売るための手段などを解説しました。
 
このページでは価値のある着物、高値で売れる着物の特徴を着物のブランドや生地、織り、仕立て、色、プロデューサー、伝統工芸品、人気作家などあらゆる視点で調査しましたので解説していきます。
 
なお、このページで紹介する着物は実際に査定士が査定して高額買取となった実績があるものばかりを揃えています。
 
高額買取といってもいくらくらいで売れたのか、それはそれぞれの着物で金額は異なりますが、数十万円から数百万という単位で買取したものもあったと伺っています。
 
 

高く売れる着物の種類

高値が期待できる伝統工芸品(産地)を紹介します。
 

 
紬(つむぎ)

大島紬、結城紬

友禅

加賀友禅、江戸友禅、京友禅、久米島友禅

上布

宮古

その他

黄八丈

 
上記の情報から、わたしの実家にある大島紬の反物の話を査定員のかたに話をしました。ご存知のかたも多いかも知れませんが、反物には値があまりつかないそうです。着物にして初めてその価値が大きくなるんですね。
 
 

高く売れる着物ブランド

人気の着物ブランドで高値で買取してもらえるものとして、志ま亀や都喜ヱ門(大島紬のブランド)があります。
 

志ま亀

創業二百年を超える、銀座にある着物専門店。2010年に創業200年を迎え、初代は京都で開業した、伝統ある呉服店です。古くは創案・制作していたので、洋裁から見れば、着物のデザイン・パターンなどの企画全般を担っていた、ブランドにあたります。その礎には初代から伝承している染技法もあり、伝統工芸技術も守っています。
 
希少な染め技法はデザインに反映され、志ま亀のデザインの魅力は‘ぼかし’。織の色と柄で散りばめられたデザインは奥深く、ときに柔らかく、ときに涼し気で二十四節をしっかりと感じることができます。訪問着はもちろん、留袖小紋も人気。豊富なカラーバリエーションから幅広い年代、世代で支持されています。
 
伝統あるデザイン(模様)、色はすべてオリジナル。趣ある生地に大胆にあしらわれた柄は斬新で、見る人がみればすぐに志ま亀だとわかるほど。オリジナルの中でもそのかた、着られるシーンに応じ格を合わせ、似合う着こなしを提案してくれる、着物の中のハイブランドにあたります。

都喜ヱ門

都喜ヱ門は志ま亀を比べると歴史は浅いですが、「紬一つをわが命とぞする」という人生哲学をモットーに、現代になお進化し続けている着物のブランドです。伝統技術を忠実に守りつつ、新しい図柄・技法を調和させブランドとして発足したのは1973年。約70年の歴史があります。
 
志ま亀は色鮮やかで華やかなイメージがある一方、都喜ヱ門はベースが大島紬だけあり、厳かな印象。より格式を感じ、男性からの支持も集まります。風景がを描写できることから、ストーリー性をひねて表現するような茶席にもマッチします。年を重ねるほど味が出てくるもの楽しみの1つ。
 

人気の織物の名前・名称

木綿

かすったようにところどころに小さな模様を出した織物

紬糸で織られた絹織物

上布

細い麻糸を平織りしてできる、ざらざらした張りのある上等な麻織物

銘仙

一般にいう実用的な平織りの絹織物

御召

主として和服に用いられる絹織物の一種

 
着物初心者がはじめやすい季節は、やはり薄手の季節(暖かい季節)。この時期の着物の生地は薄手の木綿。最近では木綿に別の糸と混ぜ込み、しわになりにくいなどの機能性をつけた生地も多く出回っています。

絣や紬、上布も同様。通気性がよく動きやすいのも人気の理由です。

銘仙は色鮮やかで、個性的な若者に人気のある織物。大正のカラーを感じられる、レトロな印象でコアなファンの支持を集めます。

御召は銘仙と対照的で、落ち着いた印象で、どちらかといえば年配の方々に好まれます。光沢のあるハリ感は上品で、女性だけでなく、男性も身に着けやすい織物の1つです。

人気のある染色技術・染色デザイナー

以下にあげる染色技術や模様、織りの種類は高価買取の可能性が高くなっています。

絞り

布を糸で括ったりし、その部分に染料の浸透を防ぎながら模様を付ける染色方法

友禅

布に模様を染める技法のひとつで、日本の最も代表的な染色法

小紋

上下の方向に関係なく、着物全体に同じ模様が繰り返し描かれているもの

三纈

﨟纈(ろうけち)・夾纈(きょうけち)・纐纈(こうけち)の総称

ろうけつ

蠟帛布の部分を覆って防染することにより,模様を染めあらわした染色品

 
染色技術では、細かくぼやかしてかわいい印象をうけるデザイン、柔らかくやさしい雰囲気を感じることができる染織が人気。絞り、小紋、三纈は色のつかけたが異なるものの、似たような印象のデザインになります。

友禅は有名なとおり、色鮮やかで華やかな印象で若い人女性向け。ろうけつは対照的で、筆の落ち着いた繊細さが大人の色っぽさひ響きます。線の細い女性に人気の高い柄(染色法)です。
 
 

人気の装飾(柄)

小紋、友禅、絞り、辻が花といった装飾、模様の着物は高額買取の可能性が高いです。
 
小紋、友禅はこちらを参照ください
 
絞りは想像どおり、淡い印象がつく染色法。柔らかいやさしい柄を装飾することができます。
 
辻が花は、小花の繊細なグラデーションでとても華やか。訪問着はもちろん、付け下げにも用いられます。購入時には産地の記載を確認し、染の技術を聞き、納得したうえで適正価格かどうか判断し、購入しましょう。久保田一竹先生の作品が有名です。

着物の人気プロデューサー(有名作家)

以下にあげる作家は着物ファンにとても人気・評価ともに抜群なので数万円とか数十万円では済まない金額での取引となります。そもそも数が少ないのも高価買取の理由の一つです。
 

羽田登喜男

加賀友禅・京友禅の両方に弟子入りし、両友禅を融合させた作風が特徴の人間国宝
 
華やかさの中に女性の繊細さを感じることができるデザイン。年齢を重ねてもかわいらしさを秘めたデザインは、鳥やクジャクなど、動物モチーフをとりいれた柄ならでは。
 

初代・由水十久

加賀友禅の代表作家。
歌舞伎に登場する三番叟など、人物モチーフが印象的なデザイン。人気のある作品だけに偽物も多く、見極める能力が求められます。
 

森口華弘

日本の染織家で友禅染めの人間国宝。
草花模様が多く、大胆で個性的。帯との組み合わせが難しく、コーディネート力が試されます。
 

久保田一竹

辻が花と呼ばれる15世紀後半~16世紀前半に失われてしまった染色・装飾技法の復刻に取り組んだ森口華弘作品と同じく個性的だが、色のインパクトはより強く、着物に描かれた油絵のような印象。風景が多く、そのときどきの心情が反映されているからか、表情はとても豊か。
 

木村雨山

加賀友禅染織家の人間国宝。
銘仙を感じさせる、斬新な色づかいが特徴。花の華やかさからかわいらしさ、生物の力強さや儚さまで美しく表現された心に残る作風が人気。

人気のある生地

絹(正絹)、木綿、麻、ウール、ポリエステルは着物を着る方に人気があるため需要ありという意味で高値で買取されます。
 
着物らしい王道な生地から、手軽に洗え、防虫効果も期待できるポリエステルまで人気。1年中を通し着るかたが増えているので、生地は問わず、買い取ってくれます。
 

価値のある仕立て

価値のあるという表現は大げさですが、購入後、少しの直しで自分ナイズに調整できることから、丈が長いものが人気です(平均身長が高くなってきており需要があるため)。
 

人気の高い色

シーンを問わず、着物のよさを惹きたてる緑など明るいお色が高くなる傾向にあります。
 
色無地のピンクなどは所有者が多いため、想像以上に値はつきません。
 

高値がつく着物の特徴

作家物、丈が長いもの、正絹(光沢がありラグジュアリー)、落款(作家職人や工房の印)の入ったもの、証紙つきのもの、1点ものなどが貴重で高値がつきます。
 

喪服や浴衣などは買取対象か

買取値はあまりつきませんが、買取対象ではあります。お店によっては対象外ともなるので、ご注意ください。
 

まとめ

以上、高価買い取りできる着物の特徴はいかがでしたでしょうか。
 
最終的には価値のあるものをしっかり評価、適切に査定額を出してくれる買取業者をみつける必要があります。本当は価値があるのに安値で買い取られてしまうようなことがないよう注意してください。
 
そのためにも信頼できる買取業者を選ぶ必要があります。できれば相見積もりで何社か声をかけて査定をしてもらうのが良いと思います。変な業者に引っかかる可能性が少しでも低くなれば良いと思います。
 
当サイトのランキングや比較表が少しでお役に立てば幸いです。
 
まずは着物を売ろうと決めてメールや電話で相談するところから始まります。
 
上記の注意点などを踏まえて自分に合った最善の買取サービスを決めてください。
 
当サイトでは総合ランキングとして着物買取業者を紹介しています。下記のページでインターネット買取受付を行っている業者を特徴毎に比較していますので参考にしてみてください。
着物の買取業者おすすめランキングarrow

一覧で比較した比較表もご覧ください。
着物の買取業者サービス比較表arrow

初めての方

高く売れる着物

訪問レポート

着物買取など人気急上昇中の買取企業にインタビューしてきました!!
 

バイセルを運営するバイセルテクノロジーズ本社にて潜入取材!!

 

おすすめの買取業者

バイセル最短30分で出張買取!!確かなベテラン査定士が全国を飛び回ってすぐに売りたい、たくさんの品をまとめて売りたいというときに強い買取業者です。

当サイト人気No.1


買取プレミアムブランド品から宝石、着物まで高額買取を主体としたネット買取業者!!出張買取・宅配買取も24時間受付中。無店舗型なのでコストを抑えて高額査定してくれます。

高額買取ならおすすめ

目的別に選ぶ 買取業者

【毎月更新】
最終更新日: 2018-09-13

すぐに売りたい・早急な買取を依頼するなら

今日・明日にでも売りたい方は査定及びその場で現金買取してもらえるサービスがおすすめ
LinkIconバイセル ※出張買取最短30分で訪問

どこよりも高く売りたい・高額買取で探すなら

無店舗型でコストカットしているから高額査定ができる買取サービスを探すなら
LinkIconウルトラバイヤープラス

大量の着物を売りたい・まとめ売りの出張買取なら

大量の着物をまとめて売りたい方は大量着物を考慮してくれる出張買取がおすすめ
LinkIconヤマトク

ブランド着物・有名作家・じっくり査定してもらうなら

有名作家・人気着物ブランドをベテラン査定士がじっくり査定してもらえる買取業者を選ぼう!
LinkIcon買取プレミアム